ワーキングママの読書日記
子育ても仕事も自分育ても!!・・・マイペースな私の読書記録


プロフィール

ないないくん

Author:ないないくん
一男一女の母。ちょっと仕事もやってます。そんな合間に大好きな読書を再開。その記憶を忘れないように書きとめていきまーす!!
英語学習奮闘記はこちらhttp://ameblo.jp/cheetan-1187/



FC2ブログランキング

楽しんでいただけましたらぽちっとお願いします

FC2Blog Ranking



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒラリーとライス
ヒラリーとライス アメリカを動かす女たちの素顔 (PHP新書)ヒラリーとライス アメリカを動かす女たちの素顔 (PHP新書)
(2006/11/16)
岸本 裕紀子

商品詳細を見る


少し時勢を外した感はありますが、楽しんで読めました。
後書きにもあるのですが、筆者の意図は
「昔から男性向けには「あなたは信長タイプか?秀吉か?家康か?」という記事がよく特集されるのに女性に向けてそういう類のものはない、女性にもそういうお手本があってもいいのにと思ってたときにヒラリーとライスに出会った」
確かに二人のキャリア、ファッション、生い立ちや人間関係といった女性が好みそうな視点から比較されてます。

昔、よく永井路子さんの本は読んでましたが、今まさにこの時代を生きてる二人、というセレクションがヒットです。
さて、私はヒラリーか、ライスか???

そんなことはどちらでもよいのですが、50を過ぎてなお輝かしい第一線にいる彼女たちには素直に尊敬の念を送りたいと思います。
そしてその礎が30代後半から40代前半にかけて築かれたところ、我が身を振り返り見習いたいです。
スポンサーサイト

白洲正子
白洲正子自伝 (新潮文庫)白洲正子自伝 (新潮文庫)
(1999/09)
白洲 正子

商品詳細を見る


この夫婦はなんてクールなんだ!!

かっこいい男の人を見るとそのパートナーが気になる私。
あの男前を落としたのはどういう女性??

そして大概そのパートナーの女性にもっと惚れてしまう。
いい女にはいい男がつくのねは-と
この自伝の中で夫である次郎さんはとてもかわいい人になっている。
夫操縦術もお見事!!っていうか、惚れられてたんだろうなぁ。うらやましい。

大正・昭和の時代にもこんなにもすがすがしく生きた女性がいたんですねBrilliant

fc2ランキングorennji







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。