ワーキングママの読書日記
子育ても仕事も自分育ても!!・・・マイペースな私の読書記録


プロフィール

ないないくん

Author:ないないくん
一男一女の母。ちょっと仕事もやってます。そんな合間に大好きな読書を再開。その記憶を忘れないように書きとめていきまーす!!
英語学習奮闘記はこちらhttp://ameblo.jp/cheetan-1187/



FC2ブログランキング

楽しんでいただけましたらぽちっとお願いします

FC2Blog Ranking



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガソリンの本当の値段
「ガソリン」本当の値段 石油高騰から始まる「ガソリン」本当の値段 石油高騰から始まる
(2007/08/10)
岩間 剛一

商品詳細を見る

これも題名にひかれて買いました。
ガソリン価格の高騰も食糧危機も身近に気になるお話。
新聞やTVで知った気になってるけど、ほんとうにわかってるかな??

私のニーズにはドンピシャリでした。
そもそも原油とは何か?こんな質問ちょっと恥ずかしくて聞けない・・・
ところから説明が始まります。
石油、ガソリンとの違い、原油の原価やあと原油はとれくらいあるのか、など基本的なことをおさらい。

次に資源国に潜在するリスクについて説明。
これには地政学リスクと資源ナショナリズムをあげてます。
地政学リスクとは資源国の政治的、宗教的、社会的なリスクが国際情勢に影響を与える問題などを意味するそうです。資源ナショナリズムとは、資源国が資源は自分の物だ!といってしまうこと。

さらに原油市場についての説明。
これは色々知らなかったことがありました。
原油市場の指標となっている原油の一つにWTI原油という物があるのですが、これ、アメリカの一地方でほんの少量(一日30万バレル、世界の石油消費量の約0.4%)取引されている物なんです。
こんな物がなんで指標になるほどの影響があるのか。
それは原油市場が金融市場化していることに一因があるのです。

そしていよいよ日本の資源確保に向けてのお話が始まります。
資源小国である日本、にもかかわらず国の資源対策の脆弱さ、その方向性がどうあるべきか、クライマックスですね。国をあげての資源対策への取り組みと外交が課題です。

最後日の丸資源の確保を急げ!!と題してバイオエネルギーのことにもふれて完結します。
今あるバイオエネルギーがどれも直接の解決にはならないことにふれながらもやはり日本の強みである技術力を活かしてアジアの国々にそれを供与すること、そしてアジア諸国の地球温暖化防止への取り組みを支援すること、といった資源外交がひいては日本のためになるというくくりでした。

勉強不足、少しは解消できたかな?

fc2ランキングorennji





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんにちは。

原油市場の指標であるWTI原油が
そんな少量の取引量とは
知りませんでした。

あれだけニュースになる指標なのに
不思議なものですね。

やはり金融王国である米国の
ブランド力の強さなのですかね。

ガソリンが高くて、つらいです。

【2008/06/22 15:41】 URL | 青い獅子座 #- [ 編集]


コメントありがとうございます。
本当に昨今のガソリンをはじめとする物価高はきついですよね。
ただ漠然と流されるのではなく少しでも知識を蓄えていこうと思ってます。

【2008/06/24 23:01】 URL | nainaikun #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。