ワーキングママの読書日記
子育ても仕事も自分育ても!!・・・マイペースな私の読書記録


プロフィール

ないないくん

Author:ないないくん
一男一女の母。ちょっと仕事もやってます。そんな合間に大好きな読書を再開。その記憶を忘れないように書きとめていきまーす!!
英語学習奮闘記はこちらhttp://ameblo.jp/cheetan-1187/



FC2ブログランキング

楽しんでいただけましたらぽちっとお願いします

FC2Blog Ranking



フリーエリア



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お金と英語の非常識な関係
お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付きお金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
(2004/07/17)
神田 昌典

商品詳細を見る

お金と英語の非常識な関係(下)―神田昌典の全情報ソース付きお金と英語の非常識な関係(下)―神田昌典の全情報ソース付き
(2004/07/17)
神田 昌典

商品詳細を見る


神田さんの本では「非常識な成功法則」がやっぱり有名。けれど一応英語学習者の私としてはこれでしょう!

神田昌典さん独特の軽い口調でご自身がどのように英語とビジネス上の成功をリンクさせてきたか、ということが語られている。内容の本質は「非常識な成功法則」やフォトリーディングの本と変わりない。日本語が英語に変わったって僕の成功法則は揺るがないのさ、という著者の声が聞こえてきそう。

私は神田さんのこのかるーい口調が大好きなんだけど、取っつきやすい反面、ちょっとうさんくささを感じる人もいるかもしれない。本田直之さんの「レバレッジ英語勉強法」やもう少し古いところでは野口悠紀雄さんの「「超」英語法」を読んだ方がもっと信憑性を感じるかもしれない。言ってる本質は変わらないと思うけど、こちらの2冊の方がもっと具体的な方法論もあったりして使いやすいかも。


言っている本質は英語はあくまでもコミュニケーションのツールであり、要はそこに何をのせて発信するかということが大切だということ。そして重要なのは、そもそも外国語を100%理解しようなんて思うのがいけなくて、自分が使う部分だけマスターすれば必要十分だということ。

そんなことはわかっちゃいるけどついつい目先のわかりやすい試験の点数にとらわれてしまう。学校方式は恐ろしく体に染みついていて楽なのだ。

結局ふみだす勇気がない者はどれだけ机上で優秀でも使えない、そういうことですね。あ、ちなみに上巻に付いているCDはマインドマップのトレーナーでもあるウィリアム・リードさんとの対談で、面白かったです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

【2010/02/08 04:32】 | # [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。